苦手

チーズ作りを牧場で体験

乳製品を手作りできる牧場といえば、千葉県富津市「マザー牧場」です。
房総半島の山々と東京湾、富士山を見渡すことができる日本屈指の体験型牧場です。
250ヘクタールもの広大な敷地には緑があふれ、動物との触れ合いを通じて豊かな心を育むことができます。
「食の体験工房」ではチーズ、バター、アイスクリームなど、マザー牧場でとれた新鮮な牛乳を使って手作り体験できます。

フレッシュチーズ&バター作り体験は予約が必要ですが1名800円で手軽に体験できます。
続いて、牧場といえば北海道!
北海道千歳市にある「箱根牧場」は自然、農業、家畜をテーマに、食育を学ぶことができる牧場です。
乳しぼり体験は小さな子供も牛を身近に感じられるチャンスです。

チーズ作り体験は「パニールチーズ」というフレッシュチーズを作ることができます。
出来たチーズは持ち帰り可能。わさび醤油に付けて食べるとクセになると好評です。
一般的に、牛乳とレモン汁などから作るカッテージチーズを作る牧場が多い中で、人気の「モッツァレラチーズ」を作れる牧場もあります。
香川県高松市にある「しおのえふじかわ牧場」です。
熱いお湯の中で練りながら作ることができます。お餅のようにビヨーンと伸びるモチモチのモッツァレラチーズを作ることができます。

いずれの牧場も予約が必要で、夏休みなどの繁忙期は人数を締め切られる場合もあります。
必ず事前に電話で確認しましょう。
シーズンや牧場によっては持ち帰りができないところもありますが、その場で絞りたて、つくりたてを味わい、思い出を持ってかえってはいかがでしょうか?

このページの先頭へ