苦手

チーズに含まれていない栄養素

日頃の食事で不足しがちなカルシウムなどを補うためにチーズはおやつとしてもおススメです。
牛乳の栄養素をギュッと含んだ食品ですので、牛乳を毎日飲むのが辛いという方もぜひチーズを食べる習慣をつけましょう。
ただし、チーズだけ食べれば良いというわけではありません。
ダイエット中のおやつとして乳製品を食べる方がいますが、他の食品との組み合わせを知っておくと良いですよ!

乳製品には炭水化物、ビタミンC、食物繊維などは望めません。
乳製品にはない栄養素を一緒に摂ることをおすすめします。

炭水化物を補うためにはパンがおすすめ。
ピザトーストやサンドイッチ、バーガーなど、チーズはパンとの相性抜群。
焼きたてにチーズがビヨーンと伸びる食感や、カリッと焼いた食感など、お好みのものを幅広いパンメニューから選ぶことができます。
家でパンを焼いている方、手軽な方法では、コッペパンにプロセスチーズをゴロゴロと混ぜるのがおすすめです。
1cm角ほどに切り、ざっくり混ぜて成型します。給食のときにあったチーズパンみたいで懐かしいです。

食物繊維を補うために、ライ麦パンなどに乗せたり、全粒粉で出来たクラッカーに挟むとボリュームたっぷりで腹持ちが良いです。
ビタミンCを補うためにフルーツを一緒に摂りましょう。
グレープフルーツやキウイフルーツなどにカッテージチーズを載せたり、クリームチーズといちごの組み合わせもデザート感覚で人気。
これらのものを合わせて、全粒粉のクラッカーに乳製品フルーツなど乗せれば、彩りもよくパーティーメニューにもなりますよ!

このページの先頭へ