苦手

チーズを美味な状態に保つ方法

チーズのタイプ別に、美味しい状態で保存する方法を知っておくと最後まで風味豊かに味わえます。
まず、クリームチーズなどのフレッシュタイプ。
柔らかいため冷蔵庫で保存しますが、乾燥しないように密閉容器に入れます。
約1週間ほどで使いましょう。冷凍にも向きません。
モッツアレラチーズは保存には向かないため、購入して封を切ったら食べきりましょう。

カビタイプのチーズは乾燥させないことが大事です。
なかでも白カビタイプは切り口をラップでぴっちりと包んでからジッパー付の袋に入れます。
適温は8度くらいとされているので、冷蔵庫では比較的温度が高い野菜室で保管します。
乾燥させないために、濡れふきんやレタスの葉などを一緒に袋に入れたり、湿らせて絞ったキッチンペーパーで包むのも良いでしょう。

青カビタイプはチーズの乾燥を防ぐため、というよりかは、他の食品にカビが移らないように密閉しましょう。
繁殖力が高いためです。
チーズの切り口をぴっちりラップで包むとカビの色がくすみますが、食べるときに空気に触れることでまた青いカビにもどります。
カビタイプは冷蔵庫の中でも熟成が進みますので、美味しい食べごろを過ぎる前に食べきりましょう。

表面が硬いウォッシュタイプ、セミハード、ハードタイプも乾燥をさせないように、ラップでぴっちりと包んで密閉袋に入れましょう。
ハードタイプが一番長持ちし、長い間風味が豊かなままです。
熟成が進むうちに風味が変わっていく経過を楽しみたい人におすすめです。
いずれのタイプも、そのまま食べるには風味が落ちたなぁと思ったら、パスタソースにしたり、料理に使うと良いでしょう。

このページの先頭へ