苦手

ダイエットに効果的なチーズの栄養素

一見するとチーズはカロリーが高く、ダイエット中は控えるべき食品だと思う人も少なくありません。
しかし、チーズは牛乳を凝縮して作ったものですから、カルシウムや良質のたんぱく質は豊富に含まれています。
さらに、脂質や糖質の代謝を促進してくれるビタミンB群も多く含まれています。

チーズ自体に脂質が多く含まれていますので食べ過ぎは注意しなければなりませんが、その分腹持ちが良く、数を決めて食べればダイエット中のおやつにも最適だと言えます。
ダイエット中に過度に脂質を制限すること体調維持の上では望ましいとはいえません。
脂肪酸の中にはリノール酸やαリノレン酸と言った必須脂肪酸など体の中で作ることができない栄養素もあります。

これらが欠乏することで皮膚の角質化や発育不全などが起こります。
良質な脂肪を取る目的ではチーズは十分に役割を果たしてくれます。
食べても消化が早い脂肪分が含まれているので、お菓子を食べるよりはチーズを数切れ食べる方が健康的といえます。

牛乳が原料ですので乳酸菌や酵素も含まれ、その働きでタンパク質がアミノ酸やペプチドの分解され、消化が早いのも特徴です。
ダイエット中にありがちな肌荒れや便秘にお悩みの方もこれらの栄養素に助けられます。
チーズだけ食べれば良いというわけではありませんが、アレもダメ、コレもダメ、といダイエットではなく、チーズの良い部分に助けてもらう気持ちでいれば罪悪感もありません!

このページの先頭へ