苦手

高級チーズの価格

世界一高価な乳製品は牛でも山羊でもなく、ロバのミルクが使用されています。
どこにいるロバではなく、セルビアにあるとある自然保護区の牧場で育つロバです。
あまり日本ではなじみがないが、ロバのミルクは牛などに比べて栄養価が高いそうです。
しかし、体が小さいこともあり、1頭のロバからはあまりたくさん絞ることができません。

そのため、ヨーロッパではロバのミルクが1リットルあたり、日本円で約4,000円で取引されているそうです。
高価なロバのミルクをチーズにするとなれば、たくさんのミルクが必要となり、1キロの乳製品を作るのに、日本円で約10万円必要というから驚きです。
ヨーロッパの高級スーパーでは50g単位で販売されているとか。

私たちが購入できるレベルの高級チーズでいえば、やはりフランス産が挙げられます。
最高級チーズの中で人気の高いものは、クリームチーズのように濃厚な白いチーズ「プチ・ブリアサヴァラン」。
牛乳に生クリームを加えて作られた「トリプルクリームタイプ」と呼ばれるチーズで、生乳の濃い味を楽しみたい人に人気。
インターネット通販では200gで3000円ほどです。

からすみのようなコクがある「ミモレット」長期熟成タイプもワインに良く合います
長期熟成したチーズは水分が飛び、パサパサしがちですが、旨みを含む水分を残したまま熟成させる技によって、しっとりしているそうです。
18か月、22か月、24か月などと度合がありますが、一番長い24か月熟成は200g2800円ほど。
一つのチーズばかり食べるのではなく、高級チーズがちょっとずつセットになったものがおすすめです。
スーパーでも2000円前後で6,7種類ほど入っているものを購入することができます。


このページの先頭へ