苦手

生のチーズと加熱したチーズの栄養価

ナチュラルチーズを加熱し、いくつかの種類を混ぜるなどして加工したものがプロセスチーズと呼ばれるものです。
製造の段階で加熱し、菌が死滅していることから、成熟を止めています。
その分、保存性が高まっていますが、ナチュラルチーズのように乳酸菌や酵母菌などは残っていません。

ただし、死滅している菌が悪いわけではありません。
一説によると、体の免疫機能を高める効果としては死滅した菌の方が良いとの研究もあります。
プロセスチーズはナチュラルチーズを加熱して製造していますが、カルシウムを添加するなど、栄養を添加している製品もたくさんあります。
栄養を摂るためにプロセスチーズを選ぶ、というよりは好きな味や食感で選ぶほうが選択肢は広がります。

また、乳製品を調理で加熱すると栄養価が落ちるかについて。
モッツァレラチーズなどのフレッシュなナチュラルチーズを加熱して食べると、とろーんとした食感に変わり美味しいですよね。
大雑把にいうならば、生のまま食べるよりも加熱調理をすると栄養価は劣ると言えます。

乳製品を作る牛乳に含まれているタンパク質やミネラルなどは乳酸菌や酵母菌によって、体に吸収されやすくなります。
その菌が熱で死滅してしまうので、加熱すると栄養価が劣るというわけです。
しかし、乳製品を加熱料理したものはとくに子供に人気です。

野菜嫌いの子供もチーズをトッピングすれば食べるという例も少なくありません。
ほうれん草のソテー、野菜たっぷりのシチューなど、野菜を好き嫌いせずに食べてもらうために、とろーり美味しい乳製品を用いるのも一つのワザです。
食事中すぐに飽きてしまう小さな子供ハンバーグに、乳製品を挟んでおくなど、食事を楽しくするにはもってこいの材料だと言えます。

このページの先頭へ