苦手

チーズを摂取する事で脂肪を燃焼

好きなものは食べたいけど、脂肪は燃焼させたい。
そう考えるダイエッターは多いものです。
そんな都合の良い食品なかなかありませんが、もしかしたらチーズがその都合の良い食材と言えるかもしれない、研究結果があります。

ラットでの実験で、チーズを食べさせた個体と食べさせない個体を比較。
血中の中性脂肪やコレステロールがどれくらい変化があるのか調べる実験です。
チーズを食べさせたラットは血中脂肪、内臓脂肪ともに減少したことが分かりました。

その作用に関わるのが「チーズペプチド」です。
製造されるときに発酵と熟成の工程があります。
その際に原料の生乳では、タンパク質が分解され、ペプチドが生成されます。

このときにできたチーズペプチドは、血圧を下げるなどの機能があります。
また、牛乳由来の共役リノール酸と呼ばれる成分が、がんの抑制に役立ったり、体脂肪を低減させる作用を持っているのです。
ナチュラルチーズを食べたときに、ほんのり「苦いな」と感じるときありませんか?
その苦味はペプチドに由来しているもの。

あまり苦味を感じないものはアミノ酸の量が増え、うま味が増すほどに熟成が進んでいる証拠。
まだ苦味が強い「若いチーズ」だとペプチドの数が多いということなので、熟成が進んでいないチーズを食べてみるのも良いですね!
まだ研究がこれから進む分野と言われており、チーズペプチドには未知の効果が秘められています。
あらたな結果が発表されるのが楽しみですね。


このページの先頭へ