苦手

苦手なチーズを克服する食べ方

子供のころ、給食に出てくるプロセスが苦手!という人も多くいました。
牛乳っぽい匂いが嫌い、歯ごたえが苦手、など様々な理由があり、乳製品好きの人からしたら信じられないかもしれません。
乳製品でなくては摂れない栄養は無いので、どうしても食べられないならば無理をする必要もないと思います。

しかし、外食、とくにイタリアンでは乳製品を使ったメニューばかりです。
苦手なチーズを美味しく食べられるようになると、もっと外食が楽しくなりますよね!
乳製品が苦手、といっても様々なタイプの乳製品がありますので、色々な種類を試してみることをおすすめします。

クリームチーズ、カッテージチーズ、モッツァレラチーズ、スライスチーズなど、様々なタイプを試してみると、案外好きな乳製品に出会えることもありますよ!
ブルーチーズなどのカビ系はクセが強くて苦手な人でも、クリームパスタのソースに使われていたり、ピザのトッピングになって溶けていれば美味しい!と感じる人も多くいます。

調理法を変えてみるというのも一つの手です。
固まりで食べるのは苦手でも熱を加えてしまえば食べられる人は多くいます。
チーズフォンデュ、ピザトーストなどにして食べれば、風味も良いですし、ビヨーンと伸びる食感が好きになる場合もあります。

子供のカルシウム不足を補うために、チーズを食べさせたいお母さんであれば、パンやデザートを作ってみてはいかがでしょうか?
レモン汁を多めにしてつくるチーズケーキや、バナナやクランベリーを多めにいれたパウンドケーキのトッピングに使うと、乳製品を意識せずにパクパク食べてくれるかもしれません。
なんといっても乳製品を食べられるようになると食生活が豊かになります。
色々な組み合わせを試してみてください。

このページの先頭へ