苦手

ナチュラルチーズとプロセスチーズの相違点

チーズにはナチュラルとプロセスがあります。
まずナチュラルチーズとは、牛や山羊などの生乳からそのまま作ったチーズです。
簡単に言うと、水分を抜いた原料の乳を型に入れて熟成させて作ったものです。
牛なのか山羊なのか、どこで育てられたか、などによって乳の味が違いますし、1000通り以上の製法があると言われているほど、ナチュラルチーズは奥深いものです。

乳酸菌やカビ菌、酵母菌などがそのまま入っているため、ゆっくりと時間をかけて熟成されていきます。
そのときの味はそのときしか作れないと言われるほど、デリケートな熟成という作業。
そのため、販売するお店では適した温度の冷蔵庫に入れています。
他の食材とは違う冷蔵ケースに入っているのを見たことがあると思います。
家庭ではそうするわけにいきませんので、鮮度が落ちるのが早いです。熟成を楽しむのもツウですが、脂が浮いてきたりなど、難しいです。
できるだけ買ってきたらすぐに食べましょう。

続いてプロセスチーズです。
ナチュラルチーズを砕いて加熱。溶かしたものを型に詰めて冷やす工程を踏みます。
そのプロセスを経て出来上がるので「プロセスチーズ」というのです。

製造の段階で加熱しているため、ナチュラルチーズのように菌が残っておらず、熟成が進みません。
そのため、味に個性がありませんが、保存性が高く、持ち運びも簡単です。
アメリカや日本ではプロセスチーズを食べる習慣が当たり前になっているのですが、ヨーロッパではナチュラルばかりなので、プロセスという言葉が通じないでしょう。


このページの先頭へ