苦手

食べやすいくせがないチーズ

ワインのアテなどではなく、毎日パクパク食べられるクセの無い乳製品といえば、「プロセスチーズ」です。
日本で乳製品といえば、だいたいの人がプロセスチーズを商品化しているものを挙げるでしょう。
薄いスライスチーズや、四角のベビーチーズ、三角の6Pなどが代表的で、スーパーの乳製品売り場でもたくさん商品があります。

プロセスはナチュラルを1種類か数種類混ぜて加工したもの。
加工する段階で、ナチュラルに含まれているカビや乳酸菌は死にます。

そのため、乳製品独特のクセがなくなります。
熟成することなく食べられることもあり、味に差が出にくいです。
保存性に優れていますが、冷蔵庫で保管し、開封後は早めに食べきることが推奨されています。
また、乾燥しやすいため、一つずつフィルムやアルミなどで包装されており、それが持ち運びの便利さにもつながって、おやつ感覚で食べられます。

ナチュラルチーズで食べやすいものだとフレッシュタイプの乳製品です。
こちらも熟成していません。
牛乳などに酵素や乳酸菌を加え、固めてから水分を取り除いて作ります。

水分を多く含み、酸味が残りますので、爽やかな風味が特徴です。
乾燥しないように水に浸かった状態で販売されているモッツァレラチーズはとくに人気です。
イタリア料理に欠かせない乳製品で、家庭でも最近はよく食べられるようになりました。
そのほか、カッテージチーズ、マスカルポーネ、クリームチーズもフレッシュタイプで、お菓子作りにも用いられます。
クセのない乳製品は他の具材との食べ合わせを楽しむことができるため、料理の腕の見せ所と言えそうです。

このページの先頭へ